顔に目立つ傷ができることもなく高い美容効果が得られる施術

ボツリヌス毒素製剤

注射器

小顔に対するあこがれとボトックス注射

テレビや雑誌などで時々テーマとなる小顔。また、ドラッグストアなどでは小顔グッズなる商品も販売されています。つまり、それだけ小顔に憧れている人が世の中に多いことを示しています。なぜ小顔が良いかといえば、「スタイルがよく見えるから」と答える人が少なくありません。また、小顔だと目や鼻などのパーツがくっきりして見えるため、周りから可愛く見られるという理由もあります。しかしいくらダイエットしても、顔の肉が落ちないと嘆いている人も少なくありません。そのため、美容外科で小顔施術を受ける人もいます。小顔になる方法はいくつかありますが、症状に応じて適切な方法が選択されています。例えば顔の脂肪が気になる人は、脂肪を吸い出す頬脂肪吸引の施術が行われています。そして、顔のエラが気になる人にはボトックス注射が行われます。ボトックス注射を行う美容外科はたくさんありますが、品川で施術を受けたいならば「ボトックス品川」或いは「ボトックス品川区」と検索してみると該当する医療機関が見つかるでしょう。

小顔整形や顔のしわ取りなどで用いられるボトックス注射。例えば品川区で治療を受けたい場合、「ボトックス品川区」と検索してみると、たくさんの医療機関があることが分かります。また、「ボトックス品川駅」と入力すれば、品川駅近くの美容外科の情報が示されるので、クリニックの情報がより絞り込めます。ボトックス注射には筋肉を委縮させる効果があり、その部分の筋肉が退化していきます。すると、筋肉の盛り上がりがなくなってきて、顎ラインが細くなるという仕組みです。もちろん急に細くなるわけではないので、ボトックス注射をやっていることが気づかれにくいです。ところで、ボトックス注射の成分はボツリヌス毒素です。現在は世界中でボツリヌス毒素製剤が製造されるようになりました。薬の作用機序は変わりませんが、製品の名称がメーカーごとに異なっています。主な製品はアメリカやイギリスやドイツなどで製造されています。またアジアでは、韓国製のボツリヌス毒素製剤があります。これらの中ではドイツ製の商品は抗体形成が少なく、イギリス製の商品は浸透力が優れているという特徴があります。